「武田勝頼(三)空の巻」新田次郎著

最終巻。信康自刃から高天神城陥落、甲州征伐、武田家滅亡。

酒井忠次徳川四天王くらいしか情報がなかったけど、織田との取次をする徳川のNo.2で、信康自刃の要因だったんだな。平岩親吉脳筋で、この人が信康の傅役をした性で信康は乱暴な性格になったとの描写。義直も親吉が傅役だったような・・・

終盤織田との和睦を模索して、人質の信長の息子を武田一族の養子にしたいと信長に申し出るも、信長は逆に武田は戦意が無くなっていると看破して、毛利より先に武田を攻めると決めるのが印象的なシーン。

高天神城が陥落して、穴山や木曽が内応、猛スピードで武田が崩壊していく。

大国の国主だった勝頼が、周囲から裏切られて、逃げ場が無くなっていく様子が悲しかった。