「保元・平治の乱 平清盛 勝利への道」元木泰雄著

元木先生の本で前に読んだ「平清盛の闘い」は清盛が主役で、今回は保元・平治の乱の群像のお話。

藤原信頼は、ドラマとかだと無能の典型でなんで首魁になったのかよくわからんところがあったのですが、摂関家没落後の武力の元締め的な存在だったとのこと。歴史のifとして、武家の世の中になる以外に、信頼が武力を持った武家貴族みたいな存在が主流になる可能性があった。

信西勢力による信西追い落としの後、短時間で勢力が入れ替わって、信頼が没落し、経宗・惟方が没落し、平清盛が生き残るというのはドラマチックな展開ですね。歴史をやり直したらまた違う展開になりそう。

「武士とはなにか 中世の王権を読み解く」本郷和人

権門体制論や東国国家論という中世の国家感に対して、実情との乖離について書いた内容・・・かな。若干内容が散漫としてテーマが感じられないような気がする。

鎌倉幕府から足利幕府に変わって、西遷したのは土地から通貨重視になったからという話が参考になった。江戸幕府で東に戻ったのは土地重視に戻ったからという話はやや腑に落ちなかったり。

「平清盛の闘い 幻の中世国家」元木泰雄著

平清盛個人の伝記というより、何をやろうとしたか、なぜ失敗したかを王家や公家、武士との関係を交えて書いてます。

後白河法皇が権威も政治力もないとけちょけちょに書かれていてワロタ。

平家一門が武家でありながら、政治の中枢についたのは、政治勢力に特に肩入れもせず、政争を生き残ったからというところか。

没落の原因は、領国を増やしすぎて、地方の現住勢力と軋轢を招き、連鎖的に発生した地方武士の反乱に対応しきれなかったから。

鎌倉政権との違いは、鎌倉は地方に留まって武士と公家を分けたのに比べて、中央にあって武士と公家を統合した政権を目指したというところか。足利政権に先んじていたところがあるんですな。

福原新都の話も勉強になった。

ジョーカー

映画館でジョーカー見ました。

まともな人間がだんだんおかしくなるのかと思っていたら、最初から割とおかしかった。

キモいおっさんの顔のアップでキチガイ笑いするシーン多しで、これが大ヒットしちゃう世相っておかしくね?

ジョーカーってかなり知能指数高いキャラだと思うので、そのへんは違和感あったな。

「土の記」高村薫著

上下巻。大宇陀の農夫の日常。日常と言っても、なんかしら事件があったり、農夫の認知力がふわふわしていたりで、わりと不穏な雰囲気が最後まで続く。

大宇陀は以前水分神社や大宇陀城あたりをレンタサイクルで回ったので、どんな感じかはイメージできる。そんなに過疎地というほどではなかったような。わりと近鉄や幹線道路から近い。

下巻で発生した東日本大震災の描写を読んで、私の体験と結構かぶると思ったり。本だと原発事故で農夫が茫然自失するところを、隣の義妹が淡々と芋を煮るシーンがある。私も原発事故を実家のテレビで見て、どうすりゃいいんだと判断停止したのですが、母がみんな一緒に死ぬだけのことだと言って淡々と食事の用意をしたのを思い出す。

最近読んだ紙の動物園でも、滅びる寸前の地球から逃れることのできない人たちが、淡々と日常を過ごすシーンがあって、判断停止とも受け取れるけどある種の覚悟とも受け取れるんだな。

「協力と裏切りの生命進化史」市橋伯一著

光文社新書

生物と非生物の違いとして、協力関係が重要という内容。

細菌、真核生物、多細胞生物、動物の社会性、人間の社会と大小のスケールで協力関係が紹介される。

協力しているから繁栄しているかというとそうではなくて、実際は単純な細菌が最も繁栄しているわけで、協力して複雑化しているのはむしろ少数派。

裏切りはマイナスなだけではなくて、裏切りがあることにより軍拡競争が発生して複雑化が加速するというのは勉強になった。