「夏姫春秋」宮城谷昌光著

春秋時代の絶世の美女、夏姫のお話。と言っても、夏姫自体はあまり主体でなくて、その周辺の男たちの盛衰のお話がメイン。

楚の荘王の時代で、荘王の挙動を中心に歴史が展開していく。このあたりの話は宮城谷先生の小説の題材になることが多くて、鄭宋普呉あたりの話はどこかで読んだ話が多し。

夏姫に関わる男たちはどんどん死んでいって、夏姫は悲運の人。見方を変えれば男の精気を吸う超サゲマン悪女ですね。

巫臣だけが悪縁を振り払い、夏姫と添い遂げることができた。他の男とそんなに違うかとちょっと疑問ではある。