「ファスト&スロー」ダニエル・カールマン著

人間の思考回路には早い思考と遅い思考があって、早い思考は即結果が出て労力も使わないけどいい加減、遅い思考は時間かかるけど労力必要というお話。人間の思考は思っている以上に色々な偏りに支配されているということを多様な例をあげて説明される。
この本読むと自分の勘に自信を持てなくなるね。上下巻と割と長いけど、この本の基本は知っておくべき。少しは傲慢が治るだろう。