ナショナリズム

最近はたいていの若い人は左翼とかマスコミとかの呪縛から逃れて、中国人や韓国人は頭がおかしいのでは?と思い始めてますが、実際は「世界のすべての国の人は外国人は頭がおかしい」と思ってます。私も中学くらいまでは自衛隊反対とか青臭いこと考えてましたしね・・・高校に入ったくらいでだいぶ中国や韓国の歴史や現状を見て中学時代の反作用でだいぶ愛国的になりましたね。大体私の世代では結構こんな感じな考え方の変遷した人が多いんじゃないでしょうか。でもいろいろあって大学くらいで日本自体にも引いた目で見るようになりました。そんで人間自体にも幻想がなくなって今に至ると。
でも日本人ではあるんで日本が外国にいいようにむしられるのは困ります。そんなわけで中国や韓国のナショナリズムへの対処法。まず向こうの無茶ないいがかりに感情的になってもエネルギーの無駄だしこちらも同じ穴のムジナとなってしまいます。論理的に論破というのもそもそも思考回路が違うので無理。ベターな方法としては二虎競食の計が良いのではと思います。すなわちうざいやつが二人以上いるならそいつらどうしに戦わせて自分は高みの見物するのがよろしいということですな。風太郎先生も妖説太閤記で言ってらっしゃいますし、戦略ゲームでも非常に有効な手です。リアルの人間関係ではまだ使ったことないですけどね。