「日本近代史」坂野潤治著

幕末1857年から日中戦争勃発の1937年までの日本近代史の概説。
「改革」「革命」「建設」「運用」「再編」「危機」と6つの時代に区分して通観しています。
西郷隆盛が果たした役割とか、藩閥から政党政治の移り変わりとか、明治維新昭和維新の違いなど、筆者の視点からの解説が非常に参考になりました。
東日本大震災後の復興と太平洋戦争後の復興が同一視されることがありますが、筆者は今はむしろ日中戦争勃発の1937年に似ているのではないかと書いてます。党派分裂が進んで政治家が小型化し、「危機」が進行し崩壊に至るのではないかとのこと。

「千年の愉楽」中上健次著

枯木灘の作者による短篇集。紀州南端の地にある「路地」で中本の血を引く男たちが宿命的に命を散らせていくお話。文章が非常に特徴的で、言語を読んでいるというより、絵のような模様を見ている気分になります。命を散らせていく男たちの死に様は卑小なんですが、一方で神話の英雄譚の最期のようなドラマ性も感じます。この作者の占める位置というのは本当に特異なものと感じます。