に関して。

日記に書いてませんが、ループアンテナUZ-77を先週既に入手して使ってます。
確かにこのループアンテナはすごい性能で、関西ラジオやCBC東海ラジオまで聞こえました。
問題点は、ノイジーなradioshark2の出力はアンテナ使ってもやっぱりノイジーです。
FMは強い電波が勝つという特性なので、ノイズに強くて聞こえる聞こえないがはっきりしますが、AMは混信しやすいのでノイズの影響を非常に受けやすいです。FM受信できるデジタルプレイヤーはざらにあってもAM受信できるデジタルプレイヤーはほとんどありません。
radioshark2のイヤホン型端子から出ているアンテナはFMアンテナであり、AMアンテナは内蔵されているため、ループアンテナを内部に直結及びGND強化策を取ろうとするなら分解して改造する必要があります。自分は分解して直す自信が無いので、分解せずにノイズを少なくAMラジオを受信するには以下の2つが有効ではないかと思います。
・電磁遮蔽して部屋内のノイズをカットした上で外部アンテナのケーブルだけいれて受信する。
・AMラジオからFMトランスミッタを介してノイズの少ないFM波を受信する。1000円くらいのAMラジオでもradioshark2より格段に性能がいい。


実際問題として、ループアンテナUZ-77はHzごとのチューニングが必要なので、NHK教育だけならまだしも文化放送とか他の局も取ろうと思ったらこまめにつまみの調整がいるんですよね・・・だんだんAMラジオFMトランスミッタでいいんじゃねーの?という気持ちに・・・

関連

うちが一人暮らしのアパートでノイズ源が多すぎてradioshark2のノイズ対策に疲れてきたので
他の現状のAMラジオデジタル録音選択肢を羅列してみる。


・シャープの「ミュージックキャリー」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060630/dev155.htm
去年の6月に出た新世代ラジカセ。現在の店頭価格は1GBモデルで11000円程度。
ユーザーインターフェイスと音質に難あるらしい。コストパフォーマンス的は良い。(というか他が高い)


サン電子の「トークマスター2」
http://suntac.jp/voicelab/talkmaster2_top/tm2_top.php
色々型番あるけど、SDメモリ使えるんで内蔵メモリ多いタイプは意味ないです。Sタイプ一択です。27800円。
ハンディタイプで持ち歩きに便利なのが売りみたいですけど、高杉で殿様商売です。
外で聞くデバイスは別でいいと私は思ったりします。
対象ユーザが語学勉強志望の方みたいなので、デジモノがあまり使えない人がターゲットなのかも。


オリンパスの「ラジオサーバ VJ-10」
http://olympus-imaging.jp/radioserver/vj10/
今話題のやつです。内蔵37GBハードディスクにラジオ番組を予約録音できます。39800円。
結構音質がいいみたい。トークマスターに比べるとコストパフォーマンスは圧倒的な気が・・・
PC接続はUSBなのでそれサーバじゃないじゃんというツッコミどころはあります。
三省堂で売ってるみたいなんで、ターゲットは語学勉強志望層とかみたいです。
LAN接続できれば神ですね。


・三洋の「ICR-RB76M」
http://e-life-sanyo.com/products/icr/ICR-RB76M_S/index.html
ラジオチューナ内蔵ボイスレコーダー。17000円。
それなりに受信感度いいらしいのですが、電池駆動オンリーというのが自分には微妙。


・「radioSHARK2」
http://www.griffintechnology.com/products/radioshark2/
USB接続型ラジオ受信機。自分も所有。今は公式ページ落ちてるけど、直販直輸入だと80ドル、日本の店の通販だと10000弱くらいかと。
「ラジオサーバ」を作るならこれが一番かと思いますが、受信感度があんまよくないのが難点です。PCの近くだとどうしてもノイズが多いんですよね・・・


とりあえず↓これは録音したいところ。
NHKアニソン三昧」4/30
http://blog.livedoor.jp/ressbook2ch/archives/50705064.html
12時間って何MBいるのかなあ。

で適当にAMの周波数を変えていたら、AM810kHzで結構クリアな英会話をキャッチ。

番組表を見ても810kHzの局は無いので、これはなんだろうと調べてみたら
http://ja.wikipedia.org/wiki/AFN
AFN Tokyo 米軍放送でした。完全にネイティブ向けです。聞いておけば英会話の勉強になるかな?

の調整中。

radioSHARK2は窓際に設置、USBケーブルを延長してLinuxマシンに取り付け、現状ではWinソフトウェアのほうがそろっているのでVMwareでw2kを起動する。
http://www.geocities.jp/ne533/shark001.htm
を参考に、ControlSHARK2で周波数を調節し、ロック音で録音する。再生はVLCやMPCでデバイスから直接再生できる。
VMwareの時間合わせはvmxファイルに「tools.syncTime = "TRUE"」という一行を入れれば良し。
VMware上の環境だとradioSHARKというデバイス名ではなく、USBオーディオバイスという名前で、VLCではうまく再生できなかった。MPCはうまく再生できた。MPCは日本語版なのがいいのかもしれない。
元々ラジオでFMはだいたい聞こえてて、AMははいらなかったので、radioSHARKでも同じような感じ。AMはニッポン放送、ラジオ日本は聞こえるけど、他は厳しい。外に出ればそれなりに聞こえるので、多分PC等のノイズがけっこう効いている。
AMに関してはループアンテナを通販で購入したので、届いてから設置すれば環境を改善できると思う。ノイズは周囲からの電気機器のノイズが多そうなので、100円ショップでテンプラ用のアルミのついたてでも買って置いてみようかと計画中。それでもダメなら設置位置を考えます。
録音で圧縮フォーマットはOGGのq-2(32kbps)がけっこうきれいに聞こえてます。後はローパスフィルタかますなり、周波数を44.1からいじるなりして音質改善を図ろうかと思ってます。OGGは自分のiriverのMP3プレイヤーでは全然問題ないのですが、ipodだとダメみたいですね。
後は録音終了後にGmailに飛ばして出張先でも聞けるようにするといいかも。10MB超えるとダメですから分割方法考えるべき?32kbpsだと30分くらいで10MBです。
一番の難関はlinuxで良い録音環境を構築することです。VMware上だと無駄にマシンパワー食ってる気がしますんで。